ヤフーワイファイとwimaxの違い。おすすめは

ヤフーワイファイといえば今モバイル通信サービスの中でも注目されていますが、モバイル通信サービスの先駆けとして有名なのがワイマックスです。新しく登場したヤフーワイファイと老舗のワイマックスは、どちらがおすすめなのかチェックしてみましょう。ワイマックスといえば様々なモバイル通信サービスを提供しています。提供エリアやサービスなど選択しが豊富なのが特徴ですが、ネットサーフィンなど月々のデータ通信量が多い人にとってネックとなっているのが「速度制限」です。ワイマックスでは通信混雑緩和のため一定の条件のもとで速度制限を行っています。例えばWiMAX2+を利用する場合、前日までの3日間のデータ通信量が3GB以上になった場合、通信速度の制限がかかってしまいます。制限がかかっても通信自体は継続して利用することはできますが、速度が遅くなるため動画など快適な環境で見ることができない可能性があります。一方ヤフーワイファイではアドバンスモードでAXGPエリア内であれば、月間データ容量が上限なく使うことができます。ポケットワイファイ本体でアドバンスモードに切り替える必要がありますが、その月のデータ容量に関係なく速度制限がかからないので動画が快適に見れなくなるといった不安を抱く心配もありません。料金やサービスが魅力的にうつっても、実際の通信速度に制限がかかったりするとストレスに感じることは必至です。その点からもユーザーの立場にたったサービスの充実を図っているヤフーワイファイはワイマックスよりもおすすめなのは確かですね。

 

 

ヤフーワイファイでは4Gエリアと3Gエリアに対応、エリアの範囲が広いと言うのが一番のメリットです。

 

それに対しwimaxでもエリアの範囲が広いものの、ヤフーワイファイと比べると若干狭いと言う違いがあります。

 

wimaxでもW03と言う端末を選べば、wimax2+とau4GLTEのエリアで繋がります。しかしau4GLTEを使用するには1005円のオプション料がかかるハイスピードプラスエリアモードに設定することが必要です。そのため繋がるエリアにこだわりたいと言う場合はヤフーワイファイのほうがおすすめです。

 

wimax2+にはギガ放題と言う1か月7GBを超えても速度制限のかからない使いたい放題のプランがあります。ヤフーワイファイにはアドバンスオプションがあり、684円の追加で使いたい放題にできると言う違いがあります。1か月7GB以上通信すると言ったヘビーユーザーの方にもピッタリです。

 

ヤフーワイファイの通信速度は端末401HWで下り最大112.5Mbps、端末502HWで下り最大187.5Mbpsです。wimax2+の端末W03の下り最大370Mbpsと比べるとヤフーワイファイのほうが見劣りします。しかしwimax2+の下り最大370Mbpsはまだ範囲が狭く、利用できる人が限られています。wimax2+のキャリアアグリゲーションでは下り最大220Mbpsとなるものの、ヤフーワイファイの端末502HWの下り最大187.5Mbpsと比べるとそれほど大きな差は無いです。